知的促進教育

百玉そろばん

百玉そろばんは、1から100までの数を視覚的・聴覚的にとらえることにより、基礎的な数の概念(イメージ)を育てる知的教育。
個別ではなく集団で取り組むことで、より一層子どもたちの知的好奇心を引き出すことができます。

五感で感じる<数>。

百玉そろばんで学ぶのは、「数字」ではなく、「数」そのものです。目で見、耳で聞き、手で触れて、「数」そのものへの興味を引き出します。

数を楽しむ、数と遊ぶ。

友だちと声を合わせる「数唱(すうしょう)」。
耳で音を感じる「数あて」。
目で見てわかる「数の合成」「数の分解」。

百玉そろばんで取り組むのはどれも、子どもたちの 大好きな<遊び>です。
幼児期の全ての<学び>には<遊び>があります。

子どもたちの未来のために。

百玉そろばんで身につけた<数の概念>は、子どもたちがこれからの学校教育で優れた「計算力」を獲得していく礎(いしずえ)となります。子どもたちの未来のために。それが、瀬田光泉幼稚園が百玉そろばんを始めとした知的教育をすすめる理由です。